woodstock.com

Photo: woodstock.com

1969年のウッドストック・フェスティバルの主催者による公式フェスティバルの出演アーティストの噂が浮上している。

オリジナルのウッドストック・フェスティバルの共同主催者にして共同プロデューサーであるマイケル・ラングは1月9日に今回開催される50周年を記念したフェスティバルを計画していることを発表し、「1969年のフェスティバルに対する唯一の公認の記念イベント」になるとしている。

ウッドストック・ミュージック&アーツ・フェア2019と題された、この3日間のイベントはニューヨーク州北部となるワトキンス・グレンの100エイカーの土地で8月16日から18日にわたって開催される。

米『ビルボード』誌によれば、正式なラインナップ発表は今後2週間のうちに発表されるとのことで、現時点でザ・キラーズ、チャンス・ザ・ラッパー、イマジン・ドラゴンズ、デッド・アンド・カンパニー、サンタナが出演すると報じられている。

一方、1969年にウッドストックが開催された現地であるニューヨーク州ベセルではア・シーズン・オブ・ソング&セレブレーションと題したフェスティバルも開催されることが決定しており、リンゴ・スター&ヒズ・オール・スター・バンド、サンタナ、ドゥービー・ブラザーズ、アーロ・ガスリー、エドガー・ウインター・バンドが出演することが発表されている。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ