PRESS

Photo: PRESS

ジョン・サイクスは19年ぶりとなるスタジオ・アルバムを2019年にリリースすることが発表されている。

アルバムはロードランナー、アトコ、ポリグラムといったレコード会社の社長を歴任してきたデレク・シャルマンが取締役会長を務めるゴールデン・ロボット・レコーズよりリリースされる。

ジョン・サイクスは新作のリリースについて「そろそろアルバムを出すべき時期だからね。Golden Robotと契約して、自分にふさわしい場所を見つけた感じさ」と語っている。

ゴールデン・ロボット・レコーズの代表であるマーク・アレクサンダー・アーバーは次のように語っている。「アルバムを聴いたけど、これは大ヒットになるよ。この間ロスのNAMMショーでジョンと一緒にいたのだけど、まるでエルヴィスと歩いているような気分だった。彼は本当にみんなに愛されているね」

デレク・シャルマンは次のように続けている。「世界中のロックファンが、心から歌い演奏するミュージシャンを聴くべき時だ。素晴らしい、そして本物の才能を持ったジョンが、ついに彼の音楽を世界中のロックファンに聴かせようと決断し、ゴールデン・ロボットのチームとともにそれを実行できることをただただ幸せに思うよ。これは正に、すべてのロックファンの心を打つ瞬間さ」

ジョン・サイクスのオリジナル・スタジオ・アルバムは2000年発表の『ニュークリア・カウボーイ』以来となる。日本盤はワード・レコーズよりリリースされる。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ