Jenn Five/NME

Photo: Jenn Five/NME

ザ・1975はスウェーデン/ノルウェーのテレビ番組「スカヴラン」より2曲のパフォーマンス映像が公開されている。

ザ・1975は昨年11月にサード・アルバム『ネット上の人間関係についての簡単な調査』をリリースしており、同作より“Give Yourself a Try”と“Love It If We Made It”を披露している。

パフォーマンスの映像はこちらから。

ザ・1975は先日、ダーティ・ヒットと新たにアルバム3枚をリリースする契約を結んだことが発表されている。

ダーティ・ヒットはウルフ・アリスやペール・ウェーヴス、マリカ・ハックマン、ザ・ジャパニーズ・ハウス、ノー・ローム、ベンジャミン・フランシス・レフトウィッチらが所属するレーベルとして知られ、ザ・1975は2012年のデビューEP『フェイスダウン』のリリース時からこのレーベルに所属している。

ダーティ・ヒットの代表を務めるジェイミー・オーボーンは『NME』によるインタヴューに応じて、既に『ノーツ・オン・ア・コンディショナル・フォーム』に続く2枚のアルバムについての計画はあるのかという質問に答えている。「参ったな。実際のところ、計画はあるんだ。不安になるから、今はマット・ヒーリーとそのことについては話さないようにしているんだけどね」

「『ノーツ・オン・ア・コンディショナル・フォーム』が完成した後のことを心配しているんだ……僕としては、人は一度に1枚のアルバムしか作れないと思っているんだけどね。だけど、彼には次回作についてのハッキリとしたアイディアがあって、アルバムのタイトルだったり、そのサウンドについての明確な考えを既に持っているんだ。彼はそれを自然とこなしてしまうんだよ。僕はそこがものすごく気に入っているんだけどね。彼らがいつ動いてもいいように、全員で待ち構えているんだ」

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ