GETTY

Photo: GETTY

ミューズのマシュー・ベラミーはバンドのワールド・ツアーのティーザー映像を公開し、今回のツアーでも彼ららしい驚きの演出が用意されていることをほのめかしている。

インスタグラムに投稿された動画ではマシュー・ベラミーが巨大なロボットの骨格に身を包み、ステージ上を歩行していると思われる様子を観ることができる。

「『シミュレーション・セオリー』ワールド・ルアーに向けて準備を整えているんだ」とマシュー・ベラミーは述べている。

View this post on Instagram

Getting geared up #simulationtheoryworldtour

Matt Bellamyさん(@mattbellamy)がシェアした投稿 –

あるファンは動画に対して次のような反応を寄せている。「2つのことが頭をよぎったよ。1つは映画『マトリックス レボリューションズ』のバトル・スーツを思わせるってこと。もう1つ思ったのは、野外ライヴで雨が降ったらどこか壊れない? ってことだね」

また別のファンは次のように述べている。「こういうところが彼らが最高のライヴ・バンドたるゆえんだよね」

マシュー・ベラミーの投稿したティーザー映像は現地時間2月22日にヒューストンのトヨタ・センターからスタートする『シミュレーション・セオリー』ツアーに先駆けたものとなっている。

今回の巨大なロボット・スーツでは彼ららしいテクノロジーを駆使しているように思われるミューズだが、昨年末のインタヴューでマシュー・ベラミーは、今度のツアーはテクノロジーよりも「人間」に重点を置いたものにしたいと語っている。

「僕は今、もっとたくさんの人が出演するショウを作ることに興味を持っていてね」とマシュー・ベラミーはBBCに語っている。「ダンスで構成されるようなものにはならないと思うけど、振り付けのある演劇のようなものにしたんだ。スクリーンだったりドローンだったり、僕らはテクノロジーを用いてたくさんのことをしてきたからね。思うに、僕らはそろそろ人を巻き込むようなものを作るべきだと思うんだ。キャストを集めて、パフォーマンスで僕らの楽曲に生命を吹き込むんだ」

先月、ミューズはデュラン・デュランの“Hungry Like The Wolf”のカヴァー音源をスポティファイ限定で公開している。

Copyright © 2019 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ