GETTY

Photo: GETTY

ジェームス・ブラウンはCNNによる新たな調査によって他殺で亡くなった可能性が浮上している。

ジェームス・ブラウンは2006年に肺炎の症状のためにアトランタにあるエモリー・クロフォード・ロング病院に搬送された後で、クリスマスの日の未明に亡くなっている。

しかし、今回の新たな調査によれば、彼の死が自然なものではなかった可能性があるという。この調査には140人近い人々に行ったインタヴューや多くの警察資料や裁判記録が含まれたものとなっていて、科学実験の結果や1300ページにわたるテキスト・メッセージなどで構成されている。

今回の調査は、サーカスのパフォーマーやシンガーを務めていたジャック・ホランダーという女性からジェームス・ブラウンの死に関する情報を知っているという連絡をCNNのレポーターが受けたことをきっかけに2017年から始まったものとなっている。ジャック・ホランダーはその後、1980年代にジェームス・ブラウンと仕事をしていたことを明かしているほか、1988年に彼にレイプされたとも主張している。

ジェームス・ブラウンがこの件で起訴されたことはないものの、ジャック・ホランダーによれば、彼女はジェームス・ブラウンや彼の仲間に関する、文書やテープなどの証拠物資を今も保管しているとのことで、彼女はこの件について1995年にFBIによる嘘発見器を使用したポリグラフテストを受けたことも明かしており、CNNでは当時の映像も公開されている。

CNNで公開されている動画はこちらから。

ジェームス・ブラウンがアトランタの病院で亡くなった際に死亡証明書に署名をした、医師のマーヴィン・クロフォードによる証言は今回の調査の肝心な部分となっていて、マーヴィン・クロフォードはその中で、ジェームス・ブラウンの死について「犯罪の可能性を常に疑っていた」ことを明かしている。

マーヴィン・クロフォードはCNNのインタヴューに次のように語っている。「彼の容態の変化はあまりにも突然でした。亡くなってしまうとは思っていなかった患者の一人だったのです……しかしながら、彼はその晩に亡くなってしまいました。私の頭には一つの疑問が生まれました。『あの部屋で何を間違ってしまったのだろう?』と」

マーヴィン・クロフォードはジェームス・ブラウンの検視を行うよう提案したものの、彼の娘であるヤンマ・ブラウンから断られてしまったのだという。

CNNはヤンマ・ブラウンにコメントを求めているものの、現時点で返答を得られていない。

また、調査に協力した女性の1人はジェームス・ブラウンについて彼は墓地の中で眠っていないと主張しており、CNNがこの件についてもう一人の娘であるディアナ・ブラウン・トーマスに問い合わせたところ、彼女は肯定も否定もしなかったという。

CNNによる報告書は3つのパートで構成されており、1つ目はジャック・ホランダーとの関係について、2つ目は彼の死と彼の3番目の妻であるエイドリアンの死の類似性についてのものとなっている。そして3つ目は、女性の靴が中に入っていたという謎のダッフル・バッグや手書きのノート、「ゴースト」と呼ばれる男についてなど、ジェームス・ブラウンの死をめぐる15の謎についてのセクションとなっている。

CNNによる記事はこちらから。

https://edition.cnn.com/interactive/2019/02/us/james-brown-death-questions/

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ