GETTY

Photo: GETTY

ザ・ビートルズは1969年に書かれた、後のバンド解散を示唆する2通の手紙が55万ポンド(約7,800万円)で出品されている。

出品されている2通の手紙は、ザ・ビートルズからジョン・イーストマンとリー・イーストマンに宛てて1969年の1月と4月に送られたものとなっている。ポール・マッカートニーは同年の3月に、ジョン・イーストマンの妹で、リー・イーストマンの娘のリンダと結婚している。

出品されている手紙のうちの一つは、ザ・ビートルズの4人のメンバーとアップル・コア社の代表を務めていたニール・アスピノールからジョン・イーストマンに送られたもので、「バンドの代理としてあらゆる契約面の交渉に当たってもらう権限を与える」という内容が書かれている。

しかしながら、出品されているもう一通の手紙は「解散を告げる手紙」として知られているもので、イーストマン家との関係を続けようとしているポール・マッカートニーとは反対に、ジョン・レノンやジョージ・ハリスン、リンゴ・スターがザ・ローリング・ストーンズのマネージャーを務めていたアラン・クレインと仕事をするために、リー・イーストマンとの関係を終わらせることを求めて記した内容になっている。

「この手紙は、あなたがザ・ビートルズや、バンドが所有もしくは運営している会社の弁護士や法務代理人を務めるいかなる権限も有していないという事実をお伝えするものです」とポール・マッカートニー以外のザ・ビートルズのメンバーは1969年の4月に記している。「私たちはあなたが個人的にポール・マッカートニーから代理人としての権限を与えられていると認識しており、この点に関しては、我々の代理人と共に全面的に協力する所存です」

2通の手紙は「モメンツ・イン・タイム」で出品されており、1969年1月に書かれた手紙は22万5,000ポンド(約3,200万円)で、同年の4月に書かれた手紙は32万5,000ポンド(約4,600万円)でそれぞれ出品されている。

「モメンツ・イン・タイム」のホームページはこちらから。

https://momentsintime.com/the-beatles-breakup-contract-the-beatles-agree-to-eastmans-management/#.XFjhn8_7S8V

ザ・ビートルズ内にあった確執は、最後のアルバムとなった『レット・イット・ビー』の制作やレコーディング、リリースに当たっていた中で次第に高まっていき、バンドは1970年に正式に解散している。

ザ・ビートルズは現地時間1月30日に、ピーター・ジャクソン監督と共にバンドの最終期を捉えた新作映画が制作されることが発表されている。

アップル・コア社とウィングナット・フィルムズ社によって制作される本作は1969年1月2日から1月31日に撮影された最後のスタジオ・アルバム『レット・イット・ビー』のレコーディング風景から55時間に及ぶ未公開映像を基にしたものとなっている。その模様は1969年1月30日、ちょうど50年前にロンドンのアップル・コアの屋上で行われたルーフトップ・コンサートでクライマックスを迎えている。

まだタイトルのついていないこの映画の公開時期については現時点で明らかになっていないが、マイケル・リンゼイ=ホッグが監督したオリジナルの映画『レット・イット・ビー』も同様に映像修復されて公開される予定となっている。

一方、ザ・ビートルズの“Hey Jude”はその「ポルノ」的なアナログ盤ジャケットのデザインのためにシングルとしてリリースされない可能性があったことも明らかになっている。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ