GETTY

Photo: GETTY

レディング&リーズ・フェスティバルは、ロイヤル・ブラッド、チャーリーXCX、AJトレーシーといった追加ラインナップとなる50組を1月31日に発表している。

今年のレディング&リーズ・フェスティバルは現地時間2019年8月23日から25日にわたって、リッチフィールド・アヴェニューとブラムハム・パークの2会場で開催される。

追加ラインナップには他にチャーチズ、ザ・ウォンバッツ、サーカ・ウェーヴス、エンター・シカリ、ブレナヴォン、フランク・カーター&ザ・ラトルスネイクスといったアーティストも含まれている。

昨年11月にレディング&リーズ・フェスティバルは2019年の4組のヘッドライナーを発表していた。ザ・1975は8月23日にレディング、8月24日にリーズでヘッドライナーを務め、フー・ファイターズは8月23日にリーズ、8月25日にはレディング・フェスティバルに出演して締めくくることになる。

https://twitter.com/OfficialRandL/status/1090897368642449408

ポスト・マローンとトゥエンティ・ワン・パイロッツはダブル・ヘッドライナーとして、8月24日にレディング、8月25日にリーズでパフォーマンスを行う予定となっている。

フー・ファイターズがレディング&リーズ・フェスティバルのヘッドライナーを務めるのは、2002年、2005年、2012年以来の4度目となっており、ザ・1975、ポスト・マローンとトゥエンティ・ワン・パイロッツはそれぞれキャリアで初めてヘッドライナーを務めることになっている。

2018年のレディング&リーズ・フェスティバルではダブル・ヘッドライナーだったフォール・アウト・ボーイとトラヴィス・スコットのほか、ケンドリック・ラマー、そしてキングス・オブ・レオンがヘッドライナーを務めていた。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ