GETTY

Photo: GETTY

マドンナはニュー・アルバムをレコーディング中のスタジオでの映像を公開している。

マドンナのインスタグラムで公開されているこの映像は、オーケストラ・バトゥカデイラス・PTのメンバーたちがレコーディング・セッションの最後にお祈りを捧げているというものになっている。

マドンナは投稿のキャプションに次のように綴っている。「オーケストラ・バトゥカデイラスとの、魔法のようなレコーディング・セッションの最後で捧げられたお祈り。この素晴らしき力強い女性たちにアルバムに参加してもらえたことを幸運に思うわ」

マドンナの投稿はこちらから。

『ザ・リスト』誌によれば、マドンナは今年、新作のリリースやワールド・ツアーが発表されることが見込まれているという。マドンナは昨年、2015年の『レベル・ハート』に続く通算14作目となるニュー・アルバムに取り組んでいることを認めている。

一方、マドンナは今年のグラストンベリー・フェスティバルへの出演が噂されているアーティストの一人となっている。フェスティバルの関係者は昨年、マドンナについて、フェスティバルが休閑していた昨年に最初の段階でブッキングされたアーティストだと『ザ・サン』紙に語っている。

「今年を休閑にすると決めた段階から、準備は既に水面下で進められていました。マイケル・イーヴィスと娘のエミリーは来年に向けて、歴代最高のフェスティバルにすることを目指しています」と関係者は同紙に明かしたという。「2人はマドンナの大ファンで、忘れられないショウを提供してくれることを知っているのです」

「2人は過去の批判を受けて、2019年のフェスティバルでは幅広いラインナップを提供することが重要だと考えています」

マドンナは昨年、最近のポップ・ミュージックについてすべてが「同じに聴こえる」と語っている。

「すべてが本当に型にはまっているのよね、すべての曲に20人くらいゲスト・アーティストがいて、全部同じに聴こえるのよ」とマドンナはイタリア版『ヴォーグ』誌に語っている。

マドンナは、12歳の息子であるデヴィッド・バンダのサッカー選手になりたいという夢をサポートするために昨年ポルトガルのリスボンに移住している。マドンナによれば、新たな拠点に移って文化が変わったことが新作の方向性に影響を与えているという。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ