GETTY

Photo: GETTY

カルヴィン・ハリスは2019年第1弾シングルとなる新曲“Giant”が公開されている。

新曲“Giant”は2017年にリリースしたデビュー・アルバム『ヒューマン』が全英チャート初登場1位を獲得したラグンボーン・マンをフィーチャリングに迎えている。

新曲“Giant”のリリック・ビデオはこちらから。

先日、カルヴィン・ハリスは今日のEDMについて自身が「作りたいと思う音楽とは程遠いもの」だと述べている。

カルヴィン・ハリスは現地時間11月12日にツイッターにおいてファンからのいくつかの質問に答えており、今日のEDMや新作の可能性について語っている。カルヴィン・ハリスはその中で、ファンの一人からの「いつかEDMに戻る可能性はありますか?」という質問に次のように答えている。

「EDMはこの数年の間に、悲しくてスロウなものになった」と彼は応じている。「僕が作りたいと思う音楽とは程遠いものだよ。僕としては2010年から2014年のEDMのほうがハウスの影響を受けていたと思うよ。何であれ、僕はこの飽和状態から抜け出すつもりだよ。素晴らしいシンガーたちと一緒に、自分にとってのハウスによるサウンドでビッグなアルバムを作るんだ」

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ