PRESS

Photo: PRESS

女優のエル・ファニングは最新映画のトレイラーでロビンの“Dancing on My Own”をカヴァーしている。

映画『ティーン・スピリット(原題)』は『ハンドメイズ・テイル』への出演で知られるマックス・ミンゲラの監督デビュー作で、物語はエル・ファニング演じる主人公のヴァイオレットが世界的な歌唱大会に望むものとなっている。

映画のトレイラーはこちらから。

映画ではカーリー・レイ・ジェプセンが作曲し、ブリーチャーのジャック・アントノフがプロデュースしたエル・ファニングが歌う新曲“Wildflowers”も登場するという。

作品の中でエル・ファニングはアリアナ・グランデやティーガン・アンド・サラ、ノー・ダウト、アニー・レノックスの楽曲も歌っている。

映画『ティーン・スピリット』はアメリカで2019年春に公開予定となっている。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ