GETTY

Photo: GETTY

ガンズ・アンド・ローゼズのベーシストであるダフ・マッケイガンは、アリス・イン・チェインズのギタリストであるジェリー・カントレルらとクリスマスを過ごしたことが明らかになっている。

ダフ・マッケイガンの妻であるスーザン・ホルムスは、家族やアリス・イン・チェインズのジェリー・カントレルと過ごしたクリスマス・ディナーの写真をインスタグラムに投稿しており、ジェリー・カントレルが背中の手術を行ったことも明かしている。

スーザン・ホルムスはキャプションに次のように記している。「クールなジェリー・カントレルが訪ねてくれたクリスマスのディナー。背中の手術を受けた彼がよくなることを祈るわ。みなさんやみなさんのご家族も素敵な休日を過ごせますように!」

スーザン・ホルムスが投稿した写真はこちらから。

アリス・イン・チェインズは現在、『レーニア・フォグ』ツアーの中断期間を過ごしており、バンドは来年3月のオーストラリア・ツアーからツアーを再開させる予定となっているほか、来夏にはヨーロッパ・ツアーが予定されている。

アリス・イン・チェインズの最新アルバムである『レーニア・フォグ』は、フォール・アウト・ボーイの『マ ニ ア』、ゴーストの『プレケル』、グレタ・ヴァン・フリートの『フロム・ザ・ファイアーズ』、ウィーザーの『パシフィック・デイドリーム』と共に第61回グラミー賞の最優秀ロックアルバム賞にノミネートされている。

ジェリー・カントレルはグラミー賞へのノミネートを受けてインスタグラムに次のように綴っている。「俺たちのアルバム『レーニア・フォグ』がグラミー賞にノミネートされたことを誇りに思うよ」

「個人としてもこのアルバムは俺たちの最高傑作だと思うし、バンドメイトやこのアルバムの完成に携わってくれたみんなに感謝しているよ。もしまだ聴いていないなら、ぜひ聴いてみてくれ。最高にクールだからさ! ロックよ、永遠に」

一方、ガンズ・アンド・ローゼズのベーシストであるダフ・マッケイガンは2019年にソロ・アルバムをリリースすることを発表している。

ダフ・マッケイガンは今年の3月よりプロデューサーのシューター・ジェニングスとアルバムの制作に取り掛かっており、ガンズ・アンド・ローゼズのツアーの合間を縫ってレコーディングされた本作は制作の最終段階にあるという。

ダフ・マッケイガンが最後にリリースしたソロ・アルバムは1993年発表の『ビリーヴ・イン・ミー』で、彼のバンドであるローデッドでは2011年に『ザ・テイキング』をリリースしている。また、ダフ・マッケイガンは2015年に著書『ハウ・トゥ・ビー・ア・マン(アンド・アザー・イリュージョンズ)(原題)』を刊行している。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ