GETTY

Photo: GETTY

アリアナ・グランデは現地時間12月18日にアメリカのテレビ番組「ザ・トゥナイト・ショウ・ウィズ・ ジミー・ファロン」に出演して、コメディアンたちによるクリスマス・ソングのパフォーマンスに参加している。

パフォーマンスは「サタデー・ナイト・ライヴ」に出演していたホレイショ・サンツ、トレイシー・モーガン、クリス・カッテンが、10年以上前に「サタデー・ナイト・ライヴ」で披露していた“I Wish It Was Christmas Today”のパフォーマンスを再現するというもので、アリアナ・グランデもこのパフォーマンスに参加している。

パフォーマンスの映像はこちらから。

かつて「サタデー・ナイト・ライヴ」で披露されたパフォーマンスはこちらから。

番組では今回、ジミー・ファロンを加えた5人全員がクリスマスのセーターを着て、ホレイショ・サンツとジミー・ファロンが楽器を弾きながら歌い、トレイシー・モーガン、クリス・カッテン、アリアナ・グランデはそれに合わせて踊るというパフォーマンスが披露されている。

アリアナ・グランデは先週、ニュー・シングル“imagine”をリリースしており、番組内で同曲のパフォーマンスも披露している。

また、アリアナ・グランデは先日、この1年について「最高の年だったのと同時に、最悪な年でもあった」と振り返っている。

「面白いことに、今年はキャリアの中でも最高の年だったのと同時に、最悪な年でもあったの」とアリアナ・グランデは涙ぐみながら語っている。「何でこんなこと言ってるかって、私のように『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』に選ばれた人を見ると、みんなからは私がキャリアのピークを迎えて、目指していたところに到達したんだとか、『彼女は何もかも達成して、今が最高なんだ。全部手に入れたんだ』って思われてしまうんだと思うの」

「確かにそうなのかもしれない。でも、私個人としての人生について言えば、これからどうしたらいいか分からないの……そう、すごく矛盾してるの。私が伝えたいのは、もしも自分の次のチャプターが分からなくて途方に暮れていても、あなたは1人じゃないっていうことよ」

「私がこれまで男性に軽率にも簡単に与えてしまった愛や許しを、自分自身に与えられるようになれたらって思ってる」とアリアナ・グランデは締めくくっている。「私は自分が夢見ていたものをすべて手に入れた。でも、それは私がこれまでもずっと持っていたものだっていうことにようやく気が付いたの。今も一番幸せな気分にしてくれるのは、昔からずっと近くにいてくれた人たちよ」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ