Marika Kochiashvila

Photo: Marika Kochiashvila

ディアハンターとギャング・ギャング・ダンスが出演する4ADのレーベル・ショウケース「Revue」が来年1月に開催されるが、ドーターの紅一点であるエレナ・トンラによるソロ・プロジェクト、エクス:レイがオルダス・ハーディングに代わって出演することが決定している。

エクス:レイのセルフタイトルによるデビュー・アルバム『エクス:レイ』は11月30日にデジタル配信でリリースされることが決定している。プロジェクト名のエクス:レイは「Regarding ex (元カレについて)」と「X-Ray(レントゲン)」に由来するとのことで、アルバムについてエレナ・トンラは次のように語っている。

「一度起きてしまったことは、元に戻せなかった。それは大切な人との別れで、やり直すことはできなかったの。その関係を修復できないと気づいた瞬間は、これについて曲を書かなければならないと気づいた瞬間でもあった。だから、私は習慣のように曲作りを進めて、スタジオまで毎日同じ道を歩いて通った」

アルバムからは“Romance”のミュージック・ビデオが公開されている。

今回の公演ではオープニングと各バンドの間では、2008年から4ADの社長を務めるサイモン・ハリデーがDJセットを披露することも決定している。

来日公演の詳細は以下の通り。

大阪公演
2019年1月21日(月)BIGCAT
OPEN/START 18:00
前売¥7,000(税込/別途1ドリンク代)

名古屋公演
2019年1月22日(火)ELECTRIC LADYLAND
OPEN/START 18:00
前売¥7,000(税込/別途1ドリンク代)

東京公演
2019年1月23日(水)TSUTAYA O-EAST
OPEN/START 18:00
前売¥7,000(税込/別途1ドリンク代)

更なる公演の詳細は以下のサイトで御確認ください。

https://www.beatink.com

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ