GETTY

Photo: GETTY

グレタ・ヴァン・フリートはバンド内の兄弟喧嘩について語っている。

ミシガン出身のロック・バンドであるグレタ・ヴァン・フリートは、その4人のメンバーのうちの3人が兄弟で構成されており、シンガーのジョシュ・キスカ、ギタリストのジェイク・キスカ、ベーシストのサム・キスカの兄弟3人と、幼少期からの友人であるドラマーのダニー・ワグナーで結成されている。

サム・シスカは「コンシークエンス・オブ・サウンド」とのインタヴューの中で、これまで他のバンドたちを解散させてきた兄弟喧嘩が自分たちに起こることはないと語っている。「実際、僕らは定期的に殴り合ったりしているんだけどね」とサム・キスカはジョークを飛ばしている。

「冗談だけどさ。でも本当に、ガレージで曲を書いていた当時はそうだったよ。要するに、男のほうが物事を簡単に忘れるっていう馬鹿げたステレオタイプの一つだようね。僕らは本当にそうなんだ。特に兄弟においてはね。実際、僕たちの口論はすごく面白いものなんだ。決して個人的なものではないんだよ。曲を作っていたり、アーティストのモードに入っている時には、終わってしまえばすべて忘れてしまうんだ」

サム・キスカは続けて、メンバーの大部分が血縁者であることはバンドにとって長所になっていると語っている。「兄弟でバンドをやっていると、特別だと思えることが何度も起きるんだ」と彼は語っている。「お互いに言うのを躊躇することもないし、それはダニエルにも言えることでね。というのも、僕はダニエルのことを1年生の頃から知っているからね。僕らはダニエルが入ったことでグレタ・ヴァン・フリートになれたんだ」

「おかげで楽曲制作もレコーディングも不自由なく進んでいる気がするな。とりわけツアーについて言えば、放浪する家族として次の次元に行っている気がするんだ。お互いをよく知ることができて、一緒に生活できるんだからね。見過ごされがちなことだけど、とても重要なことだと思っているよ」

グレタ・ヴァン・フリートはデビュー・アルバム『アンセム・オブ・ピースフル・アーミー』を10月19日にリリースしている。同作は全米アルバム・チャートで3位を記録している。

Copyright © 2018 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ