GETTY

Photo: GETTY

ザ・1975のマネージャーであるジェイミー・ オーボーンは、通算4作目となるバンドの新作『ノーツ・オン・ア ・コンディショナル・フォーム(原題)』についてさらなる情報を明かしている。同作は『ミュージック・フォー・カーズ』と題された期に制作された2作目のアルバムとなっている。

フロントマンのマット・ヒーリーは先日、1年以内に2枚のアルバムをリリースすることを認めているほか、別プロジェクトであるドライヴ・ライク・アイ・ドゥによる“28”と題された楽曲が『ノーツ・オン・ア ・コンディショナル・フォーム』に収録されることを明かしている。

ジェイミー・ オーボーンは現地時間10月21日にツイッターでファンからの質問に答えており、ファンの1人は「訊くのがまだ早いことは承知の上ですが、『ノーツ・オン・ア ・コンディショナル・フォーム』について何か教えていただけませんか?」と質問している。ジェイミー・ オーボーンはこの質問に次のように答えている。「マットはいつも『夜のアルバム』のことについて話しているよ」

ジェイミー・ オーボーンは続けて、『ノーツ・オン・ア ・コンディショナル・フォーム』からの最初のシングルはいつリリースされるのかという質問に答えている。「マットは『ノーツ〜』からの最初のシングルが1月にリリースされると言っていました。それは本当ですか?」とファンは質問している。

「現時点では、2月の可能性が高いかな」とジェイミー・ オーボーンは答えている。彼はアルバムのリリース時期にも言及しており、次のようにツイートしている。「実は2019年の6月1日を目指していたんだけど、まだやるべきことがたくさんあるからね。様子を見てみよう」

ジェイミー・ オーボーンによる一連のツイートはこちらから。

ザ・1975は先週、来たる新作『ネット上の人間関係についての簡単な調査』よりニュー・シングル“It’s Not Living (If It’s Not With You)”が公開されている。

“It’s Not Living (If It’s Not With You)”のリリースは、楽曲のタイトルや歌詞が漏斗型に描かれた画像と共にソーシャル・メディア上で謎めいた形で予告されていた。

“It’s Not Living If It’s Not With You”はニュー・アルバム『ネット上の人間関係についての簡単な調査』からの新たなシングルとなり、「我々は見せかけの現実を生きているのかもしれない」といった設定を含むディストピア的なテーマの楽曲となっている。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ