PRESS

Photo: PRESS

ザ・1975は新たなミュージック・ビデオを公開し、ペール・ウェーヴスとノー・ロームと行う北米ツアーを発表している。

“Love It If We Made It”のミュージック・ビデオでは性的不品行で物議を醸すこととなったハーヴェイ・ワインスタインやブレット・カヴァノーの映像も使用されている。

また、バンドはラスベガスやシアトル、シカゴ、カナダ、メキシコで行う22公演に及ぶツアーの日程をツイッターで発表している。北米ツアーは3月20日のメキシコ公演からスタートする。

“Love It If We Made It”のミュージック・ビデオはこちらから。

マット・ヒーリーは先日UKの「非常に小さな会場」でいくつかライヴを近いうちに行うことを予告している。マット・ヒーリーはツイッターでその意向を発表しているが、現時点で詳細は発表されていない。

この小さな会場での公演はバンドにとって大規模なアリーナ・ツアーに先立って新曲を試す機会となり、ロンドン02アリーナでの公演を含むUKツアーは来年1月に行われる。こちらにもペール・ウェーヴスとノー・ロームがサポート・アクトとして出演する。

ザ・1975は11月30日にサード・アルバム『ネット上の人間関係についての簡単な調査』をリリースすることが決定している。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ