GETTY

Photo: GETTY

ポール・マッカートニーはNFLのニューイングランド・ペイトリオッツのオーナーであるロバート・クラフトのプライベート・パーティーでライヴを披露したことが明らかになっている。

パーティーは現地時間10月9日にジレット・スタジアムで開かれたもので、出席したのはわずか300人ほどだったという。『ボストン・グローブ』紙によれば、この日ポール・マッカートニーは“A Hard Day’s Night”、“Love Me Do”、“Lady Madonna”、“Hey Jude”、“Back in the USSR”、“Band on the Run”、“Carry That Weight”を披露したという。

毎年開催されているロバート・クラフトによるこのパーティーは、豪華アーティストがパフォーマンスを行うことで知られ、昨年はエルトン・ジョンが、2016年はザ・ローリング・ストーンズがライヴを披露している。

ポール・マッカートニーは9月7日にソロ通算18作目となる新作『エジプト・ステーション』をリリースしており、10〜11月にかけて「フレッシュン・アップ」と題した新たなツアーで来日公演を行うことも決定している。

来日公演の詳細は以下の通り。

10月31日(水)東京ドーム
OPEN 16:30/START 18:30(予定)
S席:18,500円、A席 :16,500円、 B席:14,500円

11月1日(木)東京ドーム
OPEN 16:30/START 18:30(予定)
S席:18,500円、A席 :16,500円、 B席:14,500円

11月5日(月)両国国技館
OPEN 17:30/START 18:30(予定)
全席指定 38,500 円(税込)

11月8日(木)ナゴヤドーム
OPEN 16:30/START 18:30(予定)
S席:18,500円、A席 :16,500円、 B席:14,500円

更なる公演の詳細は以下のサイトで御確認ください。

http://freshenup-japantour.jp

Copyright © 2018 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ