GETTY

Photo: GETTY

ケイティ・ペリーは最新のツアーを終えて、現在は音楽活動を休止していることを明かしている。

ケイティ・ペリーは2017年6月に通算5作目となるアルバム『ウィットネス』をリリースしている。今回、ケイティ・ペリーは『フットウェア・ニュース』誌に次のように語っている。「ほぼ10年くらいツアーをやってきたから、ゆっくりしようと思ってるの。すぐに次のアルバムの制作に入ろうとは思ってないわ」

ケイティ・ペリーは次のように続けている。「多くのことをやってきたと感じてるのよ。ポップ・スターになるという点では盛大な成功を収めたと思っているし、そのことにはとても感謝しているのよ」

ケイティ・ペリーはまたこれ以上自分の実力を示し続ける必要はないと感じており、そのおかげで今は自身を解放し、「自由でいられる」としている。

彼女は次のように語っている。「音楽を作るのは大好きだし、曲を書くのも大好きだけど……でも、これ以上ゲームに加わりたいとは思わないの。私はアーティストだというふうに考えている。何かを証明する必要はないし、そのことで自由な気分でいられるのよ」

『フットウェア・ニュース』誌に掲載された写真や表紙撮影の模様はこちらから。

ケイティ・ペリーは先日、ゼッドとコラボレーションを行っていたことが明らかになっている。ケイティ・ペリーの『ウィットネス』ツアーのオーストラリア公演とニュージーランド公演を一緒に回ったゼッドは、ケイティ・ペリーと楽曲制作を行ったことについては認めたものの、共作した楽曲がリリースされるかどうかについては分からないと語っていた。

Copyright © 2018 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ