GETTY

Photo: GETTY

リチャード・アシュクロフトは、英スカイ・スポーツのテレビ番組「サッカーAM」の出演中に、ポケットからドラッグを落としたのではないかという疑惑を受けて、“Hey Colombo”という新曲を緊急リリースしている。

元ザ・ヴァーヴのフロントマンであるリチャード・アシュクロフトは、現地時間9月22日の朝のサッカー番組にスペシャル・ゲストとして出演している。ゲストとして出演したリチャード・アシュクロフトだが、彼は椅子に腰掛けた際に彼のズボンから白い物が落ちてきたとして、多くの視聴者の間で話題になっている。リチャード・アシュクロフトはその後、ズボンから落ちた白い物を拾い上げている。

ドラッグを所持していたのではないかと疑われるなか、リチャード・アシュクロフトは次のように否定している。「ツイッターの荒らしに向けた、手短なメッセージだ。それから、お説教を垂れるような奴らと、自分こそが正しいと思っているような奴らにもね」とリチャード・アシュクロフトは動画の中で語っている。「一つ:コカインと俺は、何十年も疎遠な存在だということ。二つ:俺のポケットから落ちたものについて推測するな。それから、俺の子供たちを巻き込むのはやめろ」

彼は次のように続けている。「お前らは危ない橋を渡ろうとしているんだよ。俺の名前を傷つけるな。俺の親父はゴミが好きじゃなかったし、俺だってゴミなんか好きじゃない。だけど、俺のポケットにある時は途轍もないものになるみたいだな。ザ・ヴァーヴにいた時、俺はコロンボとして知られていたんだ。事実をきちんと把握しておいてくれ。お前らは危ない橋を渡ろうとしているんだよ。ピース」

今回、リチャード・アシュクロフトはテレビ番組での一件とその後の騒動に言及したと観られる新たなアコースティック曲を公開している。

「Ever get stitched up, matched up, crucified before you open your eyes?(目を開ける前に裏切られ、挑戦を受け、餌食にされたのか)」と彼は歌っている。「did you ever have your baby patted down? Strip searched? Are you the fucking clown?(自分の子どもを調べるか? 身体検査でもするのかい? お前ら、本当にバカなのか?)」

公開された“Hey Colombo”はこちらから。

リチャード・アシュクロフトは10月19日にニュー・アルバム『ナチュラル・レベル』をリリースする予定となっている。

リチャード・アシュクロフトは本日、2019年に行うUKツアーの日程も発表している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ