GETTY

Photo: GETTY

スマッシング・パンプキンズのビリー・コーガンは、かつてニルヴァーナとツイスターのゲームをしたことを覚えているかという質問に答えている。

スマッシング・パンプキンズは、ニルヴァーナのカート・コヴァーン、デイヴ・グロール、クリス・ノヴォゼリックと共に混乱のなかツイスターに興じるMTVのための映像が残っている。映像の中で、ベーシストのクリス・ノヴォゼリックはほとんど裸の状態で視聴者の前に姿を見せている。

ビリー・コーガンは今回、スマッシング・パンプキンズのファンからの、あの奇妙な晩のことを覚えているかという質問に答えている。

「ないよ。あれは僕らではなかったからね、正直なところ」とビリー・コーガンはインスタグラムでのQ&Aセッションで答えている。ビリー・コーガンはQ&Aセッションで質問に答える際、グーグル検索でも回答が見つかるような質問に対しては「正直なところ」という言葉を使うという。

ユーザーにツイスターをやっている映像が残っていることを指摘されると、ビリー・コーガンは改めて次のように答えている。「もう一度言うけど、あれは僕らじゃないよ」

当該の映像は1991年にボストンのビルズ・バーで撮影されている。映像が撮影された日、スマッシング・パンプキンズとニルヴァーナは近郊の会場で共にライヴを行っている。

当時MTVで放送された映像はこちらから。

当時のライヴには地元のバンドであるブレット・ラヴォルタも出演しており、ドラマーのトッド・A・フィリップスは2011年に、この時のことを振り返っている。

「MTVから、ビルズ・バーで即興のインタヴュー映像を撮らないかっていうことで僕ら3組のバンドにアプローチがあってね。それで、歩いて行くとMTVのプロデューサーがクリスコのバケツとツイスターを持って現れたんだ。彼女の企画は『脂ぎった状態で、裸でツイスターをしながらインタヴューに答える』というものでね。その時は面白そうだなと思ったんだけどさ。撮影はめちゃくちゃになってしまったんだ」

スマッシング・パンプキンズは先日、待望のカムバック・アルバム『シャイニー・アンド・オー・ソー・ブライトvol.1:ノー・パスト. ノー・フューチャー. ノー・サン』をリリースすることを発表している。

ビリー・コーガンは先日、ベーシストのダーシー・レッキーとの再結成をめぐる対立がピークを迎えた後も、彼女がバンドに再加入できるか尋ねてきたと主張している。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ