GETTY

Photo: GETTY

デミ・ロヴァートは、先月に薬物の過剰摂取で意識を失って病院に搬送された事故に関して、彼女に薬物を渡したという男が「TMZ」のインタヴューに答えている。

デミ・ロヴァートは現地時間7月24日の午前11時39分に彼女の自宅から通報されて、ドラッグによるオーヴァードーズで緊急入院している。

ブランドン・ジョンソンと名乗る男は、インタヴューの中でデミ・ロヴァートに「非純正の錠剤」を渡したことを認め、現地時間7月24日の早朝に彼女と一緒にその錠剤を使ったことを明かしている。ブランドン・ジョンソンは自身が家を出る頃には彼女が眠っていたとして、苦しんでいる様子は見られなかったと主張している。

「100%……彼女は自分が何を使っているのかを分かっていたはずだよ」とブランドン・ジョンソンは語っている。「薬がきちんと調合されたものでないことは伝えていたんだ。非純正の錠剤だってことはね……そのほうが遥かに強力なんだけどさ。彼女は完全に理解していたはずだよ。起きてしまったことについては不幸だったよ。けど、俺が間違った考えをしてるって思うヤツがいるのだとしたら、そいつは馬鹿げてるね」

デミ・ロヴァートの身に起こったことが「警鐘」になったかと訊かれると、ブランドン・ジョンソンは次のように語っている。「彼女にとっては間違いなく警鐘になっただろうね。俺にとっても、そういうドラッグの危険性に目を向けるきっかけになったことは確かだよ。悪いヤツの手に渡ったり、間違った使い方をしてしまえば、有害なものになってしまうっていうね。友達を傷つけたいとは思わないからね。彼女は俺の親しい友人の一人なんだ」

「TMZ」の報道によれば、ブランドン・ジョンソンは薬物や銃、現金を隠していた罪で今年3月に逮捕されているという。また、彼はその翌月にも逮捕されており、(薬物または飲酒の)影響下での運転とコカイン所持の容疑が掛けられているという。ブランドン・ジョンソンは、現時点でデミ・ロヴァートのオーヴァードーズに関してはいかなる罪にも問われていない。

デミ・ロヴァートについては先日、病院を退院して入院型リハビリ施設へと移転したと報じられている。

『ピープル』誌によれば、現地時間8月4日にデミ・ロヴァートはロサンゼルスのシーダーズ・サイナイ病院を退院して、匿名の入院型リハビリ施設へと移転したという。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ