Danny Clinch

Photo: Danny Clinch

ジャクソン・ブラウンは現地時間8月1日にプロモーティング・エンデュアリング・ピースによって2018年ガンジー・ピース・アワードが授与されることが発表されている。

授賞式は2018年9月14日にコネチカット州ニューヘブンのテンプルストリート270にあるグリーン合同教会にて執り行われる。

ジャクソン・ブラウンは音楽家として初のガンジー・ピース・アワード受賞者となる。この賞は、世界平和、環境の調和、社会的正義への、彼の才能を活かした長年に渡る多大な貢献に対して与えられるもので、受賞に際して賞金とアメリカ製核ミサイルのコントロール・システムから回収された銅を用いたメダルが授与される。授賞式は伝統に則って行われ、ジャクソン・ブラウンによる“チャレンジと希望に関するメッセージ”のスピーチが予定されている。

ガンジー・ピース・アワードは、反帝国主義者で非暴力運動を主導したマハトマ・ガンジーの名を冠しており、1960年の初代受賞者は、エレノア・ルーズベルトで、その他53名の受賞者には、リーナス・ポーリング、マーティン・ルーサー・キング・ジュニア、ノーマン・トーマス、ウィリアム・スローン・コフィン、ベンジャミン・スポック、ウェイン・モース、ウー・タン、ドロシー・デイ、ダニエル・エルスバーグ、ケイ・キャンプ、シーザー・チャベス、マリアン・ライト・エデルマン、ジョージ・マクガヴァンなどが含まれており、2011年以降の受賞者には、アリク・アッシャーマン(人権活動家のラビ)、エイミー・グッドマン(ラジオ番組“デモクラシー・ナウ!”の創立者)、ビル・マッキベン(350.orgの創立者)、メデア・ベンジャミン(コードピンクの創立者)、オマル・バーゴーティ(BDSの創立者)、ラルフ・ネーダー(パブリック・シチズンの創立者)といった錚々たる面々が名を連ねている。

ジャクソンは、環境、社会的正義、人権問題へのサポートを目的としたライブパフォーマンスを何千回も企画、参加しており、さらには、音楽教育や芸術教育を公立学校で行ったり、過去ガンジー・ピース・アワード受賞歴があるアムネスティ・インターナショナル(1978年受賞)やチルドレン・ディフェンス・ファンド(1990年受賞)と共同で活動をしたりしている。

彼が発表したいくつかのアルバム『ライヴス・イン・ザ・バランス』、『ワールド・イン・モーション』、『ルッキング・イースト』、『スタンディング・イン・ザ・ブリーチ』においては、帝国主義的な外交政策、短絡的な環境問題への思考、企業の拝金主義に対して直接的に挑み、現代文明への疑問を投げかけた。タイトル曲である“Lives In The Balance”では、“銃を送る者たちの顔にかかる影/ビジネスのための戦争にかかる影”とニカラグア、エルサルバドル、グアテマラで戦われた内戦を歌詞にしている。

1979年にスリーマイル島で起きた原子力事故に対して、ジャクソン・ブラウンは「安全なエネルギーのためのグループミュージシャン連合 (MUSE)」を共同で立ち上げ、近年ではNukefree.orgを立ち上げた。1980年代には、中米の連帯運動に関わり、ニカラグアやキューバなどで連名のコンサートを行っている。また、近年では権利擁護団体であるオーシャン・エルダーズの一員として、海に関わる活動へ関心にも寄せている。昨年12月にはジャクソン・ブラウンは「若年移民に対する国外強制退去の延期措置(DACA)」によって守られている移民たちの状況を歌にした“The Dreamer”を発表している。

ジャクソン・ブラウンは昨年10月に日本公演を収録したライヴ・アルバム『ザ・ロード・イースト –ライヴ・イン・ジャパン-』がリリースされている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ