GETTY

Photo: GETTY

レッド・ホット・チリ・ペッパーズのベーシストであるフリーと元ギタリストのジョン・フルシアンテが11年ぶりに一緒に公の場にいたことが明らかになっている。

ジョン・フルシアンテは1998年にレッド・ホット・チリ・ペッパーズに再加入しており、2009年に2度目の脱退が発表されている。1988年から1992年にもバンドのリード・ギタリストとして活動していた彼だが、そのキャリアを通して『ブラッド・シュガー・セックス・マジック』、『カリフォルニケイション』、『バイ・ザ・ウェイ』といったアルバムに参加している。

2009年に脱退して以降、ジョン・フルシアンテはあまり公の場に姿を現しておらず、2012年にロックの殿堂入りを果たしたときも式典への出演を辞退している。

しかし、ジョン・フルシアンテとフリーは公の場で再会を果たし、週末にロサンゼルスで行われたボクシングの試合を一緒に鑑賞する姿が目撃されている。「アルティメット・ギター」によれば、ジョン・フルシアンテとフリーが一緒に写真に写るのは11年ぶりだという。

写真は以下のリンクから。

https://www.facebook.com/redhotchilifamily/posts/1891173780941133

先日、フリーは2018年に自伝を刊行予定であることが発表されている。

出版社のウェブサイトに掲載された説明文では次のように述べられている。「不朽のレッド・ホット・チリ・ペッパーズの結成メンバーであり、伝説的ベーシストであるフリーがついに魅力溢れる自身の人生について語ります。ロサンゼルスのストリートの少年から世界的に知られるロックスターになるまでの、どん底の底辺から目眩がするような成功が完全に描かれます」

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ