GETTY

Photo: GETTY

ロビー・ウィリアムスはテイラー・スウィフトのウェンブリー・スタジアムでの2日目となった公演に出演して、自身の楽曲である“Angels”を彼女と共に披露している。

テイラー・スウィフトは“Angels”の冒頭をピアノで演奏した後、ロビー・ウィリアムスが彼女に加わって楽曲の残りを共に披露している。

ロビー・ウィリアムスはその後、テイラー・スウィフトと共に写った写真を投稿して次のように綴っている。「テイラー・スウィフト、今夜君と共演できたことを名誉に思うよ。本当に恋に落ちたね。どうもありがとう」

ロビー・ウィリアムスの投稿と、ファンが撮影したパフォーマンスの模様はこちらから。

テイラー・スウィフトは現地時間6月22日に行った公演ではワン・ダイレクションのナイル・ホーランと共演してファンを驚かせているほか、現行のツアーにはこれまでにもセレーナ・ゴメスやショーン・メンデス、トロイ・シヴァンらがサプライズ・ゲストとして出演している。

テイラー・スウィフトは先日、昨年のマンチェスター・アリーナにおけるテロ事件を受けて、ワールド・ツアーのUK公演初日となった公演でマンチェスターに追悼の意を表している。

2017年5月、アリアナ・グランデのコンサートから観客が帰る時に会場のロビーで起きた自爆テロ事件によって22名の犠牲者が亡くなっている。

テイラー・スウィフトは次のように追悼の意を表している。「コンサートというのは無垢さや喜び、熱狂のためのものでなくてはならないわ、そして、たった1年前にこの街で起こった出来事は、そうした無垢さを奪い去ろうとしたものだった」

「それ以来ずっと、みんなはこんなにも力強さを見せてくれている」と彼女は続けている。「みんなが誰一人として犠牲になった人たちを忘れることはないって示してきたのよ」

Copyright © 2023 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ