GETTY

Photo: GETTY

ザ・1975のフロントマンであるマット・ヒーリーは、バンドの最新作が『ミュージック・フォー・カーズ』というタイトルから変更になった理由について言及しているほか、ザ・1975を「終わらせるつもりはない」と思っていることについても語っている。

マット・ヒーリーは以前、ザ・1975のサード・アルバムのタイトルについて、バンドが2013年にリリースしたサードEP『ミュージック・フォー・カーズ』と同じものになることを認めていた。マット・ヒーリーはまた、サード・アルバムのリリース後にバンドを終わらせる可能性についても示唆していた。

しかしながら、今回、ザ・1975はアルバムのリリースを発表して、タイトルが『ア・ブリーフ・インクアイリー・イントゥ・オンライン・リレーションシップス(原題)』となることを明かしている。マット・ヒーリーは「Beats 1」のゼイン・ロウに対してタイトルを変更したことについて次のように語っている。「『ミュージック・フォー・カーズ』というアルバムは存在しないんだよ。なぜ俺が考えを変えたかというと、あらゆるライターは素晴らしいエンディングを望んでいるということに気がついたからでね。そうだろう? 自分のレパートリーに加えたいのはそういうものなんだ」

「(前作の)『君が寝てる姿が好きなんだ〜』の制作中はずっとそういうモチベーションでやっていたんだ」とマット・ヒーリーは続けている。「それが俺を駆り立てていたんだよ。それで、今回のアルバムに取り掛かった時に、自分がナイーヴになっていたことに気がついたんだ。自分に嘘をついていたんだって。来年にザ・1975を終わらせるつもりはないよ。ありえない。そんなのは嫌だからね」

マット・ヒーリーは続けて、「公の場で考えを変えたことを恥ずかしいとは思わない」とした上で、『ミュージック・フォー・カーズ』とはアルバムのタイトルよりもむしろ「一つの時代の名前」だったと語っている。「一つの時間軸の中で、いろんな音楽を生み出すための傘のようなものだったのさ」とマット・ヒーリーは続けている。「実は俺たちは2枚のアルバムに取り組んでいてね。『ア・ブリーフ・インクアイリー・イントゥ・オンライン・リレーションシップス』をやって、おそらく来年の5月に『ノーツ・オン・ア・コンディショナル・フォーム』っていう別のアルバムをリリースすることになるよ」

ザ・1975の現時点での最新アルバムは2016年にリリースした『君が寝てる姿が好きなんだ。なぜなら君は とても美しいのにそれに全く気がついていないから。』となっている。ザ・1975は本日、『ア・ブリーフ・インクアイリー・イントゥ・オンライン・リレーションシップス』からの最初の楽曲となる“Give Yourself A Try”をリリースしている。

“Give Yourself A Try”はビデオも公開されている。

“Give Yourself A Try”のビデオはこちらから。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ