GETTY

Photo: GETTY

ジェフ・バックリィの元マネージャーは最新インタヴューでジェフ・バックリィとカート・コバーンの関連性について語っている。

ジェフ・バックリィの元マネージャーであるデイヴ・ロリーは、1994年からジェフ・バックリィが亡くなる1997年まで彼のマネージャーを務めている。ジェフ・バックリィは1997年5月29日に自ら川に泳ぎに出かけた後に亡くなっており、遺体は数日後にメンフィスの上流で発見されている。享年30歳だった。

デイヴ・ロリーは「オルタナティヴ・ネイション」のポッドキャスト「デスパレート・タイムズ – 90sミュージック」に出演して、ジム・アーヴィンとの共著となる自身の著書『ジェフ・バックリィ:フロム・ハレルヤ・トゥ・ザ・ラスト・グッドバイ(原題)』について語っている。デイヴ・ロリーはインタヴューの中で、ジェフ・バックリィの死にいかに向き合ったかについても語っている。「まるで軍事行動のようだったよ。自分がこれからどうすればいいのか分からないんだ」

「ありがたいことに当時はインターネットがなかったから、自分の望むようにメッセージから逃れることはできたんだけどね」とデイヴ・ロリーは続けている。「けど、当時一緒にオールマン・ブラザーズ・バンドをマネージメントしていたダニー・ゴールドバーグと、カート(・コバーン)が自殺した時にニルヴァーナを担当していたジャネット・ビリッグの2人からはすぐに電話をもらってね。本当にありがたかったよ。というのも、アーティストが亡くなった時にプレス対応をどうすべきかについて書かれた本なんてないわけだからね」

「2人にはこう言われたよ。『君は今や、君が入りたくないと望むクラブの一員だよ』ってね。彼らは僕がまたいつかこういう電話をもらうことがあるだろうとも言っていた。そして、マイケル・ハッチェンスが首を吊った時にそれが現実になったんだ」とデイヴ・ロリーは語っている。インエクセスのシンガーであったマイケル・ハッチェンスは、1997年11月22日に自らの命を絶っている。

デイヴ・ロリーのインタヴュー音源はこちらから。

デイヴ・ロリーは続けて、プロデューサーのアンディ・ウォレスが手がけたジェフ・バックリィとニルヴァーナの関係についても語っている。アンディ・ウォレスはジェフ・バックリィの『グレース』をプロデュースしているほか、ニルヴァーナの『ネヴァーマインド』のミックスを手掛けている。「興味深いことに、(ジェフ・バックリィの)次回作をプロデュースすることになっていたアンディ・ウォレスと昨日話す機会があってね」とデイヴ・ロリーは語っている。

「本にも書かれていることなんだけど、彼は僕にニルヴァーナの『ネヴァーマインド』のミックスについても話してくれたんだ。ジェフの前は、誰もが彼と仕事をしたい理由はニルヴァーナだった。だけど、彼はこう言ったんだよ。『ニルヴァーナは理解してあげられなかったけど、ジェフ・バックリィのことは理解できた』ってね。タイムレスなアルバムというのが理由だって言うんだ。たとえ今日アルバムを聴いても、何年代のものなのかといことはおろか、これが新しいアルバムなのかどうかも分からないっていうね。たった1枚のアルバムにしてみれば、本当にすごいことを成し遂げたよね」

デイヴ・ロリーは以前、ジェフ・バックリィがミシシッピ川で行方不明になったと電話を受けた時のことや彼の死について語っている。「朝の5時58分だったね。僕はこの時のことを忘れやしないね」とデイヴ・ロリーは「ナショナル・パブリック・ラジオ」によるインタヴューで語り、続けてその知らせを電話で聞いた時の状況について振り返っている。「電話を落として、どうしていいかわからなかった。ありがたいことにインターネットがなかったから、川岸の様子がツイートされずに済んだけどね。ただ呆然としてしまうんだよ。僕は完全に呆然としてた。放心状態だったね」

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ