GETTY

Photo: GETTY

マライア・キャリーは、双極性障害を告白したことで「元気」づけられ、「刺激を受けて」いると語っている。

マライア・キャリーは先日、2001年から双極性障害に苦しんでいたことを初めて明かしている。

「私は最近まで、現実から目を背けて孤独の中を生きていたの。誰かがいつか暴露するんじゃないかっていう不安もいつも持っていたわ」とマライア・キャリーは『ピープル』誌に明かしている。「それは抱えるには重すぎるもので、もう抱えられないと思ったの。私は治療を受けることを決めて、周囲にはポジティヴな人たちを置くようにした。今では曲を書いたり音楽を作ったりっていう、大好きなことをまたやれているの」

マライア・キャリーはまた、医者に診てもらうまでは「深刻な睡眠障害」だと思っていたことも明かしていた。

マライア・キャリーは新たなインスタグラムの投稿の中で自身の病気について改めて言及して次のように綴っている。「私は仕事に没頭してきたけど、みんなの1つ1つの話に刺激を受けているし、みんなからの驚くほどのサポートに元気をもらっているわ。これからの道のりでも、お互いに励まし合っていきましょう」

マライア・キャリーは『ピープル』誌とのインタヴューの中で、「何かに1人で苦しんでいる人の不名誉を取り除ける」ことを願って自身の病気を打ち明けたことを明かしている。「それはとても孤独なものになりうるの。だけど、それで自分自身が決められるわけでないし、私は病気に自分自身を決められたり、私のことをコントロールなんてさせないわ」とマライア・キャリーは続けている。

Copyright © 2018 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

関連タグ