PRESS

Photo: PRESS

サブリナ・カーペンターとジョナス・ブルーのコラボレーションによるニュー・シングル“Alien”がリリースされている。

このコラボレーションはサブリナ・カーペンターの「ジョナス・ブルーの曲が大好き」というツイートを見たジョナス・ブルーがDMで連絡をとったところから発展して実現したという。

“Alien”の音源はこちらから。

サブリナ・カーペンターはこの曲について次のようにコメントしている。「シングル“Alien”のテーマは、宇宙をイメージする方のエイリアンとは関係ないの。どちらかというと、自分の気持ちを表現してる。孤立していると感じる時、自分がどこかに閉じ込められてどうすればいいかわからない気分になるでしょう?その時の感情を曲にしたの」

彼女は次のように続けている。「ジョナス・ブルーとのコラボは最高よ。とてもいい友達にもなれたの。本当に大好きよ。彼は素晴らしい才能の持ち主だから、彼との曲作りが制作の全工程の中で一番楽しかった」

ジョナス・ブルーは次のように語っている。「白紙の状態でロンドンのスタジオに入って制作したんだ。この曲はラヴ・ソングでありながら、深みがあり、メタファーの旅に連れて行ってくれるんだ。音的には滑らかなんだけど、トレード・マークのジョナス・ブルー・サウンドに様々なヴァイヴを融合したんだ」

ジョナス・ブルーは4月に来日公演を行うことも決定している。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ