tower.jp

Photo: tower.jp

タワー・レコードの創業者であるラス・ソロモンが亡くなった。享年92歳だった。

『サクラメント・ビー』の報道によれば、ラス・ソロモンは昨日のアカデミー賞授賞式を観ながら自宅で亡くなったという。「皮肉なことに、誰かの着ていた衣装についてひどいなと彼は意見を述べていてね。それで、(妻の)パティにウィスキーをつぐように言ったんだ」と息子のマイケル・ソロモンは語っている。ラス・ソロモンは心臓発作に見舞われて、妻が戻ってきた時には亡くなっていたという。

ラス・ソロモンは1941年、16歳の時に父親のドラッグストアでレコードの販売を始めたという。タワー・レコードという名前はドラッグストアのあったサクラメントのタワー・シアターに由来している。1960年代初頭になると、タワー・レコードは成長し、店舗を拡大していくことになった。しかし、2004年に続き、2006年に2度目の破産で会社は清算されることとなった。

リサ・ローブは「安らかに、ラス・ソロモン。タワー・レコードは私の成長期において非常に多くを占めていたの。ありがとう」とツイートしている。

タワー・レコードの歴史についてはトム・ハンクスの息子であるコリン・ハンクスによるドキュメンタリー『オール・シングス・マスト・パス』が2015年に制作されている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ