GETTY

Photo: GETTY

ヴェロニカ・フォールズのドラマーで、ソロとしても活動していたパトリック・ドイルが享年32歳で亡くなったのを受けて、追悼の声が寄せられている。

パトリック・ドイルの訃報はソーシャル・メディアで明らかになっていて、同じミュージシャンやファンから多くの追悼の声が寄せられている。彼のソロ・プロジェクトであるボーイズ・フォーエヴァーのフェイスブックで現地時間3月4日に訃報は発表されている。

https://www.facebook.com/boysforeverandever/photos/a.1630906633847668.1073741833.1563265863945079/2032206603717667/

パトリック・ドイルはロンドン発のヴェロニカ・フォールズの結成メンバーで、バンドは2011年にセルフ・タイトルのデビュー・アルバムをリリースしている。2013年には最後のアルバムとなった『ウェイティング・フォー・サムシング・トゥ・ハップン』をリリースしている。

ヴェロニカ・フォールズに加えて、パトリック・ドイルはボーイズ・フォーエヴァーやベーシック・プラミング名義でソロとしての活動も行っていた。

訃報を伝える投稿ではパトリック・ドイルを追悼するファンに対して「パトリックに計り知れない援助をしてきた」ロサンゼルスのLGBTセンターに寄付を行うことでその意志を示して欲しいと述べている。

ヴェロニカ・フォールズのメンバーだったマリオン・ アーベインはインスタグラムで追悼の意を表明し、「まだ全然立ち直れない」と述べている。

「私の人生でも最高の時期を友人として、バンドメイトとして彼のそばで過ごすことができて嬉しいわ。安らかに」

フランツ・フェルディナンドのフロントマンであるアレックス・カプラノスは次のように追悼の意を表している。「友人であるパトリック・ドイルの訃報を聞いて傷ついているよ。聡明で、面白くて、素晴らしいミュージシャンだった……ここで彼の人生を端的に言うことなんてできないよ。彼を惜しむことになるよ」

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ