PRESS

Photo: PRESS

イールズの通算12作目となるニュー・アルバム『ザ・ディコンストラクション』の日本盤が4月25日にリリースされることが決定している。

本作はカリフォルニアの複数のスタジオでレコーディングが行われ、演奏は米プロデューサー、ミッキー・ぺトラリア、映画音楽作曲家でもあるクール・G・マーダーとP・ブー、そしてフロントマンのマイクが率いるオーケストラ&合唱団によって行われたという。

アルバムからはタイトル曲の“The Deconstruction”の他、先日“Today Is The Day”の音源も公開されている。

リリースの詳細は以下の通り。

アーティスト名:Eels(イールズ)
タイトル:The Deconstruction (ザ・ディコンストラクション)
レーベル:E-Works / Hostess
品番:HSE-4478
発売日:2018年4月25日(水)
価格:2100円+税
※初回仕様限定:ボーナストラックダウンロードコード付ステッカー封入(フォーマット:mp3)。歌詞対訳、ライナーノーツ付(予定)
1.The Deconstruction
2.Bone Dry
3.The Quandary
4.Premonition
5.Rusty Pipes
6.The Epiphany
7.Today Is The Day
8.Sweet Scorched Earth
9.Coming Back
10.Be Hurt
11.You Are The Shining Light
12.There I Said It
13.Archie Goodnight
14.The Unanswerable
15.In Our Cathedral

Copyright © 2018 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

関連タグ