GETTY

Photo: GETTY

ドラマ「グリー」にノア・”パック”・パッカーマン役で出演していた俳優にしてミュージシャンのマーク・サリングが亡くなった。享年35歳だった。

AP通信によれば、現地時間1月30日の朝、ロサンゼルス地区で彼の遺体が発見されたという。

その後、マーク・サリングの弁護士であるマイケル・J・プロクターはTAPに対して彼の死を認めている。Eメールの中で彼は次のように述べている。「マークはやさしく愛情あふれる人であり、素晴らしいクリエイティヴィティを持った人でした。自身の犯した深刻な過ちや判断の誤りを償うために全力を尽くしていました」彼はマーク・サリングの遺族がプライバシーへの配慮を求めていると続けている。

ロサンゼルス警察署は午前3時に行方不明になったという通報を受けたと述べており、午前9時頃にロサンゼルスのサンランド地区の川床で遺体が発見されたという。ロサンゼルス州検視局のエド・ウィンターは「ザ・ハリウッド・レポーター」に対してマーク・サリングが自殺で亡くなったことを認めている。

マーク・サリングは有罪となった児童ポルノ所持の罪に対しての判決を待っているところだった。彼は懲役4〜7年、執行猶予20年の判決が見込まれていて、判決は3月7日に下される予定だった。

マーク・サリングは2015年12月に児童ポルノ所持で逮捕され、その後、2016年に起訴されている。彼は児童ポルノの写真を「数千枚」ダウンロードしていたと言われている。

彼は性的犯罪者として登録し、両親や法定後見人のいないところでは18歳以下の人物に接触しないという条件を受け、申し出た被害者には5万ドルを払うことで、司法取引を行っている。

マーク・サリングは2009年から2015年まで大ヒット・ドラマ「グリー」で、ノア・”パック”・パッカーマンを演じていた。2008年には『スモーク・シグナルズ』、2010年には『パイプ・ドリームス』というソロ・アルバムもリリースしている。

「グリー」のプロデューサーであるティム・デイヴィスは訃報を受けて、次のようにツイートしている。「今日、またグリーの出演者を失ってしまった」

「そう、彼は児童に対する犯罪を犯していた。そう、そして、それは恐ろしいものだ。けれど、マーク・サリングは失意の人で、言うまでもなく自身も虐待の被害者だった。私はマークのことが大好きだし、彼の両親の失意を考えると悲しいよ。残酷なコメントはぜひ控えて欲しい」

二つ目のツイートでは次のように述べている。「誤解のないように言えば、マーク・サリングに思いやりを持つことは彼の罪を小さくすることでも、彼の犯罪による犠牲者の痛みや失意をつい割くするものではない。私が言いたいのは彼の遺族の痛みを増やすのは止めようということだ。彼も人の子なんだからね。あなたにまったく罪がないというなら、遠慮なく石を投げればいい」

厚生労働省が紹介している、こころの悩みに関する相談窓口はこちらから。

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000190135.html

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ