PRESS

Photo: PRESS

ザ・リバティーンズはケント州マーゲイトにあるホテル兼スタジオの名称を発表し、そこで撮影された最初の映像を公開している。

フロントマンであるピート・ドハーティは2016年に初めてこの計画について明かしており、「僕らはリバティーンズ・ホテルをオープンするつもりなんだ。スタジオ、ナイトクラブやバーがあるね」と語り、次のように続けている。「料金を払えば誰にでも利用可能なんだよ」

その後バンドは「地元の反対」があったもののケント州マーゲイトの海沿いに不動産を購入したことを発表していた。

バンドは今回、購入した5階建ての10部屋ある不動産について、「ジ・アルビオン・ルームス」という名称になることを発表しており、オープン日やローンチ・パーティの詳細についても近日中に発表されるという。

バンドのプレスリリースには次のように綴られている。「映画で観たザ・ビートルズやモンキーズといった昔ながらのバンドの共同生活に感化され、カール(・バラー)、ゲイリー(・パウエル)、ジョン(・ハッサール)、ピート(・ドハーティ)は、リビングに芸術空間があり、ウォーホルのファクトリーのような部屋があり、ゲストルームやバー、そしてスタジオがあるようなクリエイティヴな家を探していました」

ゲストルームは「各部屋ごとにデザインされており…そのどれもがリバティーンズのスタイルだとハッキリと分かるものになっている」という。

今回の発表に際してザ・リバティーンズは公式サイトをリニューアルしており、今後サイトでは「ジ・アルビオン・ルームスの進捗状況の公開や、日々のレコーディング・セッションや生活の様子などの限定コンテンツ」が提供されるという。

公開された「ジ・アルビオン・ルームス」からの最初の映像はこちらから。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ