GETTY

Photo: GETTY

ジョン・ライドンが2018年のユーロヴィジョンのアイルランド代表になる可能性があるという。

報道によれば、ジョン・ライドンはソングライターのナイル・ムーニーと協力して、“Please To Meet You”というカントリー・パンク・ソングで、アイルランドのラジオ局「RTE」による楽曲コンテストに参加するという。コンテストの優勝者がユーロヴィジョンのアイルランド代表となる。ジョン・ライドンのマネージャーであるジョン・ランボー・スティーヴンスは楽曲が受け入れられれば、ジョン・ライドンがユーロヴィジョンに参加することを認めている。

「ユーロヴィジョンのコンテストでアイルランド代表になれたら、さぞかし光栄だね」とジョン・ライドンはアイルランド版『ザ・サン』紙に語っている。

コラボーレーションの可能性についてナイル・ムーニーは次のように述べている。「RTEから多くの観客を前にキャッチーな楽曲を演奏しているシンガーで、過去のユーロヴィジョンで実現していない予想外のものを探すように言われたんだ」

彼は次のように続けている。「それでジョニーのマネージメントに手紙を書いて、ジョニーがユーロヴィジョンのアイルランド代表になるアイデアを説明したんだ。彼らは返事をくれてね。『驚くかもしれないが、完全にこの案にのるよ』と書かれていたんだ」

ナイル・ムーニーはツイッターでジョン・ライドンがユーロヴィジョンに完璧な理由について次のように説明している。「北アイルランド問題が激化した時、アイルランドに両親を持つ子供たちはロンドンで暮らしていた。現在の世界を考える時、アイルランドから送り出す参加者にこれ以上妥当な人を思いつかないよ」

2018年のユーロヴィジョン・コンテストはポルトガルのリスボンで5月8日から12日にわたって開催される。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ