GETTY

Photo: GETTY

ジェイ・Zは最新のインタヴューでセラピーを受けたことについて告白し、そうした自身の問題によって妻のビヨンセを裏切ってしまったと語っている。

『ニューヨーク・タイムズ』紙発行の雑誌『T』でピューリッツァー賞受賞ジャーナリストであるディーン・バケットのインタヴューに応じたジェイ・Zは初めて正式にビヨンセを裏切って浮気をしたことを認めており、「感情を閉ざす」自身の性格のために不義をはたらくことになったとしている。

「タフな男の皮を被るように」育てられたことについてジェイ・Zは次のように語っている。「すべての感情を閉ざすんだよ。女性であっても、感情を閉ざすんだ。それで繋がることができないっていうね。俺の場合はそれが厄介でね。すべてはそこから起きるんだよ。不義をはたらくことになってしまったことについてもね」

セラピーのセッションで「非常に成長することができた」としてジェイ・Zは次のように説明している。「俺にとって最も重要だったことは全部と繋がることだった。どこかから湧き上がるすべての感情と繋がるんだ。そして、それを把握するんだよ。毎日の暮らしの中でそれを把握することは……すごく有効なんだよね」

「誰かが人種差別主義であっても、それは自分の問題じゃないって理解するんだ。それはその人たちの育ちの問題であり、彼らもそうされてきたっていうね。そのせいでこうなってしまっているんだっていうさ。大半のいじめはそうだよね。そうやって起こるんだ。子供の頃、君がいじめられたとしたら、今度は君が俺をいじめるんだ。そう考えてるよ」

離婚するのではなく問題に対処するというビヨンセと自身の決断についてジェイ・Zは次のように述べている。「そう、大半の人は離れていくわけで、離婚率は50%かなんかだろ。というのも、大半の人は自分自身を見つめることができないんだ。最もつらいのは自分のせいで誰かの顔に苦痛が浮かぶのを見ることであり、そうした自分に対処しなければならないということなんだ。だから、御存知の通り、大半の人はそんなことしたくないわけでね。自分の内部を見たくないわけで、それで離れていくんだよ」

ジェイ・Zは当初ビヨンセと共にジョイント・アルバムを作ろうとしていたことを明かしており、『4:44』と『レモネード』の制作はセラピー・セッションのようだったと語っている。

「俺たちは嵐のド真ん中にいたわけでね」と彼は語っている、「でも、最善の場所は苦痛のド真ん中だったわけでね。それで、俺たちはそこに腰を落ち着けることにしたんだ。居心地なんてよくなかったよ。それで、たくさんの話をした。俺は彼女の作った音楽を誇りに思ってるし、彼女も俺がリリースしたアートを誇りに思っている。そうやって、そう、最終的にお互いの才能に健全な敬意を抱くことができたんだ。彼女は素晴らしいよ」

インタヴューの他の部分ではジェイ・Zはカニエ・ウェストと再び会話をするようになったことを認めている。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ