GETTY

Photo: GETTY

バケットヘッドは心臓障害と診断されたことを明かしている。

イギー・ポップやマイク・パットンとコラボレーションを行い、2000年から2004年までガンズ・アンド・ローゼズに在籍したことで知られ、これまで300枚以上のアルバムに参加してきたバケットヘッドだが、「カミング・アライヴ」のポッドキャストに出演した際に心臓障害であることを明かしている。

これまで経験してきた最もつらいことについて尋ねられた際にバケットヘッドことブライアン・パトリック・キャロルはこの病気について語っている。

「不整脈の心臓の問題を抱えていてね。長年そうだったんだけど、最近ひどくなって、ヤバくなってきたんだよ」と彼は語っている。「何が起こっていたのか知らなくてね。対処しようとはしたんだけど、そのままにしてしまっていたんだ。でも、ひどくなったから、医者に言ってみたら、『今にも発作になりそうだ』って言われたんだよ」

「アブレーション治療を提案されてね。カルーテルを入れて、心臓を止めるものなんだけどね。神経に対してやるものみたいなんだけどさ。というのも、僕の心臓は正常なんだけど、遺伝子による可能性もあるみたいでね。医者も分からないと言ってた。手術をしたんだけど、それでも止められなくて、今なお対処してるところなんだ」

「本当に大変だよ。だって怖いからね」とバケットヘッドは続けている。「部屋を歩くのも大変なんだ。幸いなことに薬には助けられてるけどね。だって、発狂までは至ってないからね。でも、きついよね」

「このことを自分の中で認めていこうとしてるところなんだ。逃げられないわけだからね。常に鼓動を意識しているし、その激しさを感じてる。ものすごく怖いんだけど、いいこともたくさんあってね。というのも、今は自分のやりたいことをやっていこうとしてるんだ。そうしたことをたくさんやっていこうとしててね。今は切迫感があるんだよ」

「明日にだって死ぬ可能性があるわけでね」と彼は締めくくっている。「誰だって死ぬわけだけど、でも、つらい体験なわけでね。とにかく演奏したいし、そうした体験を伝えていきたいんだ」

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

PR
関連タグ