PRESS

Photo: PRESS

元フィフス・ハーモニーのカミラ・カベロはアメリカのテレビ番組に出演して、最新シングル“Havana”を披露している。

“Havana”は来たるソロ・デビュー・アルバム『ハーティング、ヒーリング、ラヴィング』に収録される楽曲で、アルバムからは他にこれまで“Crying In The Club”、“I Have Questions”、“OMG”が公開されている。

「ザ・トゥナイト・ショウ・スターリング・ジミー・ファロン」でのパフォーマンス映像はこちらから。

“Crying In The Club”のミュージック・ビデオはこちらから。

カミラ・カベロはアルバム『ハーティング、ヒーリング、ラヴィング』について次のように語っている。「すごく落ち込んでいた時期に楽曲制作を始めたの。曲をつくるということは、アルバムを制作するという目的だけでなく、自分を癒す大事なプロセスとなっていったわ。悲しみを詞に綴っていくうちに、だんだんと悲しい曲に嫌気がさしてきたて、ハッピーな楽曲が書けるようになった頃には、自分も元気になっていたの。だから、このアルバムは『暗闇から光りへと抜けだした私の物語』なの」

Copyright © 2017 Time Inc (UK) Limited. NME is a registered trademark of Time Inc (UK) Limited being used under licence.

PR
関連タグ