GETTY

Photo: GETTY

パール・ジャムのエディ・ヴェダーは新シーズンの「ツイン・ピークス」に出演した最新のアーティストとなっている。

新シーズンの「ツイン・ピークス」にはこれまでナイン・インチ・ネイルズやモービー、スカイ・フェレイラ、オ・ルヴォワール・シモーヌ、ハドソン・モホーク、シャロン・ヴァン・エッテンらが出演してきた。

エディ・ヴェダーはドラマの舞台となっているロードハウスで“Out of Sand”を披露している。同曲はジャック・ホワイトのサード・マン・レコーズより限定シングルとしてリリースされていた。

オンラインで公開されている映像はこちらから。

パール・ジャムはライヴ映像作品『レッツ・プレイ・トゥー』が9月29日にアメリカで劇場公開されることが発表されている。

これは昨年の8月21日・22日にシカゴ・カブスの本拠地であるリグレー・フィールドで行ったライヴを収録したもので、タイトルの『レッツ・プレイ・トゥー』はシカゴ・カブスの選手だったアーニー・バンクスの名言「2試合やろう」に由来している。監督は2007年の映像作品『イマジン・イン・コーニス』も手掛けたダニー・クリンチが務めている。

劇場公開された後、同作は10月13日にテレビ放映された後、11月17日に映像商品としてリリースされるという。

フロントマンのエディ・ヴェダーはシカゴ・カブスの大ファンとして知られ、昨年ワールド・シリーズでシカゴ・カブスがクリーヴランド・インディアンズを破った際には、試合後のパーティーに俳優のビル・マーレイと参加し、歌を披露している。

同作のトレイラー映像はこちらから。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ