GETTY

Photo: GETTY

モリッシーはローマで警察官と思しき男から公衆の場で被害を受けたと述べ、「故意の脅迫行為」を受けたと訴えている。

モリッシーの甥である写真家のサム・エスティ・レイナーによるフェイスブックへの投稿によれば、ザ・スミスの元フロントマンであるモリッシーは、現地時間7月4日にローマのナイキ・ストアの前で警察官と思しき男に引き止められたという。サム・エスティ・レイナーによれば、男はモリッシーを35分間足止めして「書類」を見せるよう「大声」で要求し、「騒動の間ずっと銃に手を置き」ながら「脅し」たという。フェイスブックに写真が投稿されている男性は、モリッシーに対して「お前が何者かは分かってるからな」と迫ったという。

投稿にはモリッシー本人の声明も掲載されており、次のように述べられている。「これは身分証を持たない、『G2458』というナンバープレートのポリッツァ113というバイクに乗った警察官による明らかな故意の脅迫行為でした。私は法を犯してなどいませんし、不審に思われるような行動もしていません。警察官は銃のロックを外して、私に向かって叫んでいる間、ずっと突きつけてきました。何人か私を助け出そうとしてくれた人たちもいます。これはナイキ・ストアの前で起きており、多くの人たちがこの明らかにおかしい警察官をカメラに収めています。彼は私が誰であるか確実に気付いていた上で、私を脅そうとしたのです。銃で撃たれるかもしれないと思いながらも、私は一歩も引きませんでした。みなさんも、この危険極まりない暴力的な警察官に注意してください。彼に殺害されるかもしれません」

サム・エスティ・レイナーによるフェイスブックの投稿はこちらから。

https://www.facebook.com/samphotog/posts/10155521037245967:0

なお、米『ローリング・ストーン』誌によれば、モリッシーは今回の一件を受けて、9月に話のあったイタリアでの公演をキャンセルしたという。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ