Still

Photo: Still

ライアン・アダムスは、現地時間4月21日にロサンゼルスで行われたジョン・メイヤーのライヴに飛び入り参加し、“Come Pick Me Up”で共演を果たしている。

ライアン・アダムスは今年2月に通算16作目となるアルバム『プリズナー』をリリースしており、ロサンゼルスのフォーラムで行われたジョン・メイヤーの公演に参加し、自身のデビュー・アルバム『ハートブレイカー』収録の”Come Pick Me Up”を披露している。

ライアン・アダムスはヴォーカルだけでなくハーモニカも披露している。ジョン・メイヤーはバックヴォーカルを担当した他、ギター・ソロを披露している。二人は現在それぞれ自身のツアーを行なっている。

ファンによって撮影された共演の様子はこちらから。

ライアン・アダムスは2月17日にニュー・アルバム『プリズナー』をリリースしており、昨年12月には単独では初となる来日公演を行っている。

本作のアルバム・タイトルについてライアンは、「自分の中にあるいろんな欲望を反映しているんだ。自らの欲望の囚人になるってどんなことなのかをね」と語っており、2015年に発表された離婚が大きなテーマとなっていることを明かしている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ