GETTY

Photo: GETTY

ブラック・サバスのギタリストであるトニー・アイオミは、最後となった公演を収録したライヴ・アルバムやドキュメンタリー作品をリリースする可能性があることを明かしている。

ブラック・サバスは四大陸に及んだ「ジ・エンド」ツアーで81公演を行い、地元のバーミンガムでキャリア全体に及ぶセットリストと共に「最終公演」を行っている。

しかし、NBCニュースに対してトニー・アイオミは「バーミンガムの最後の公演の音源を現在ミックスしており、ライヴ・アルバムになる可能性がある」と語っている。彼は次のように続けている。「ドキュメンタリーに取り組んでいるんだ。今の仕事は自分たちのやったことを聴くことなんだよ」

トニー・アイオミはそれ以上の詳細については明かしていないが、以前、今回の「最終公演」はライヴ・バンドとしての最後であり、バンドとしての最後ではないと語っていた。

トニー・アイオミは次のように語っている。「これ以上、ツアーを回りたいかってことを除けば、どんな可能性も排除するつもりはないよ。誰に分かるっていうんだ? なにかやるかもしれないよ。まだ話はしてないけどね。まったく話をしてないけどさ。でも、俺はどこかできっと何かが起きると思うけどね」

NBCのインタヴューではブラック・サバスのために思いついたギター・リフがたくさんあり、いつかソロ・アルバムとしてまとめるかもしれないとも語っている。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ