GETTY

Photo: GETTY

ファイストはパルプのジャーヴィス・コッカーが参加している新曲を公開している。

本名をレスリー・ファイストというファイストだが、先日ニュー・アルバム『プレジャー』をリリースすることを発表している。ファイストのアルバムは6年ぶりとなり、ユニバーサル・ミュージックより4月28日にリリースされる。

アルバムのタイトル曲に続いてファイストは新曲“Century”を公開しており、ジャーヴィス・コッカーは曲の後半でナレーションを披露しており、楽曲は突然終わる形となっている。

先日、ファイストは新作についてツイッターで次のように述べている。「やっとみんなに伝えられることができるわ。昨冬、このアルバムを二人の近い友人、モッキーとルノー・ルタンと一緒に制作したの。私はまさに素という感じで、録音もそうなってるわ。このアルバムでやりたかったのは、ズルや後ろ盾だったりのない状態でレコーディングを行って、強い信念とそのままの身体で楽曲をモノにすることだったの」

彼女は次のように続けている。。「種を植えるとか、何か明るいことを予期する感じでアルバムを『プレジャー』というタイトルにしたの。喜びという経験は浅かったり、深かったり、一時的な時もあれば、低いままずっと続くこともある。大抵はモチベーションになるわよね。もし、あなたの物の見方がみんなと同じなのであれば、私のモチベーションはより明るい目で見ていくことなの」

「一言で言うと、そういうことね」と彼女は締めくくっている。「みんなの関心に感謝するわ。音楽はまだ途中なの。素晴らしいものになってるし、もうまもなくだわ」

iTunesではアルバムの予約が受け付けられており、予約すると先行で“Pleasure”と“Century”をダウンロードできる。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ