PRESS

Photo: PRESS

ロンドン・グラマーは待望のニュー・アルバムについての詳細を発表しており、タイトル曲“Truth Is A Beautiful Thing”の音源を公開している。

ロンドン・グラマーは2013年リリースの高い評価を受けた『イフ・ユー・ウォント』に続くニュー・アルバム『トゥルース・イズ・ア・ビューティフル・シング』を2017年6月9日にリリースする予定となっている。

同アルバムは、フローレンス・アンド・ザ・マシーンやブロック・パーティーの作品を手掛けたポール・エプワース、シーアやベックの作品を手掛けたグレッグ・カースティンのほか、ティム・ブラン、ロイ・カー、ジョン・ホプキンズによりプロデュースされており、以前にリリースされたシングル“Rooting For You”と“Big Picture”でアルバムは幕を開ける。

アルバム『トゥルース・イズ・ア・ビューティフル・シング』のトラック・リストは以下のとおり。

01. Rooting For You
02. Big Picture
03. Wild Eyed
04. Oh Woman Oh Man
05. Hell To The Liars
06. Everyone Else
07. Non Believer
08. Bones of Ribbon
09. Who Am I
10. Leave The War With Me
11. Truth Is A Beautiful Thing

「ファースト・アルバムはもっとより恋愛関係についてだったわ。でも、それはセカンド・アルバムにもあるんだけど、それは違う意味なの」とシンガーのハンナ・リードは『NME』に対して語っている。「誰か特定の人というよりも、たぶん自分自身との関係についてね。私たち3人のツアー中での関係とか、人生の意味についての楽曲もたくさんあったりする。それってものすごくダサいけど、でも、それが私たちが話してることなの」

ギタリストのダン・ロスマンは続けて「ファースト・アルバムよりも憂鬱ではない」ことをファンに期待してほしいとしている。「たぶんより単調じゃなくなってるからね。より多様性を生み出そうとしたんだ」

「シネマティックな側面を拡大させたんだ」とパーカッションとキーボードのドッド・メジャーは続けている。「それが多分ニュー・アルバムを通して一貫したものかもしれないね。でも、それぞれの曲でよりヴァラエティに富んだものになっているんだ」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ