GETTY

Photo: GETTY

トッド・ラングレンは来たるアルバム『ホワイト・ナイト』からのリード・シングル“That Could Have Been Me”を公開し、新曲にはゲスト・ヴォーカルのロビンが参加している。

トッド・ラングレンは通算27作目となるソロ・アルバムのリリースを控えており、新作は5月12日にリリースされる。『ホワイト・ナイト』は2015年発表の『ランダンス』以来のソロ・アルバムとなっており、アルバムにはトレント・レズナーやダリル・ホール、ドナルド・フェイゲンといった豪華ゲストが参加している。

3月21日にトッド・ラングレンは『ホワイト・ナイト』からの最初の楽曲“That Could Have Been Me”を公開しており、ロビンがリード・ヴォーカルにクレジットされている。

新曲“That Could Have Been Me”の音源はこちらから。

http://pitchfork.com/news/72185-todd-rundgren-enlists-robyn-for-new-song-from-new-album-listen/

アルバムのアートワークはこちらから。

トラックリストは以下の通り。

1. Come
2. Got Your Back [feat. KK Watson with Dâm-Funk]
3. Chance for Us [feat. Daryl Hall with Bobby Strickland]
4. Fiction
5. Beginning (Of the End) [feat. John Boutte]
6. Tin Foil Hat [feat. Donald Fagen]
7. Look at Me [feat. Michael Holman]
8. Lets Do This [feat. Moe Berg]
9. Sleep [feat. Joe Walsh]
10. That Could Have Been Me [feat. Robyn]
11. Deaf Ears [feat. Trent Reznor and Atticus Ross]
12. Naked & Afraid [feat. Betty LaVette]
13. Buy My T
14. Wouldn’t You Like to Know [feat. Rebop Rundgren]
15. This Is Not a Drill [feat. Joe Satriani with Prairie Prince and Kasim Sulton]

ロビンは先日、ザ・エックス・エックスの行ったブリクストン・アカデミーでの連続公演にもゲスト参加している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ