Andy Hughes/NME

Photo: Andy Hughes/NME

フォール・アウト・ボーイは、初めてヘッドライナーの位置付けとなったが、あたたかい歓迎で受け入れられることとなった。


 Andy Hughes/NME

Photo: Andy Hughes/NME

“This Ain’t A Scene, It’s An Arms Race”の演奏の最中に、このぞっとするようなマスクと対面した時のことを想像してみて。


Andy Hughes/NME

Photo: Andy Hughes/NME

ピート・ウェンツは整髪料をたっぷりと付けてるにもかかわらず、炎を掲げた女性たちの近距離に立っていた。勇敢な男だ。


Jenny Five/NME

Photo: Jenny Five/NME

エズラ・ファーマンは最高にクールな見た目で、リパブリック・ステージでキラーチューン満載のステージを披露してくれた。週末のあまり知られていなかった楽しみ方の一つだった。


Jenn Five/NME

Photo: Jenn Five/NME

ラット・ボーイは「SAVE THE RATS」と書かれたTシャツを着て登場した。確かに彼らはこのTシャツを着るべきだろう。名前を「キング・ラット」に変えてもいいかもしれない。


Jenn Five/NME

Photo: Jenn Five/NME

マシン・ガン・ケリーは名に恥じないライヴを披露してくれた。その名前がかなり恐がらせてしまったみたいだけどね。


Jenn Five/NME

Photo: Jenn Five/NME

ザ・ウォンバッツはNME/ラジオ1・ステージで彼らのキャリアを振り返るようなライヴを見せてくれた。もちろん彼らのクラシック・インディー・ダンス・ナンバー”Let’s Dance To Joy Division”も演奏してくれた。


Jenn Five

Photo: Jenn Five

ポストパンク・バンド、サヴェージズはNME/ラジオ1・ステージで荒々しいパフォーマンスを披露し、人生を肯定する楽曲”Adore”を歌うよう観客全員を煽っていた。


Jenn Five/NME

Photo: Jenn Five/NME

ザ・1975は、NME/ラジオ1・ステージのトリを飾った。フロントマンのマシュー・ヒーリーによるメインステージのヘッドライナーとして帰ってくるという誓いとともに、オーディエンスとの美しい一時は幕を閉じた。きっと彼の言ったことを信じられるはずだ。


Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ