RICHARD SWIFT

Photo: RICHARD SWIFT

ブラック・キーズのフロントマンであるダン・オーバックはシカゴのブルース・ミュージシャン、ハウリン・ウルフのドキュメンタリー映画に関わったことで訴訟を起こされている。

映画プロダクション会社の「スモークスタック・ライトニング」は、ダン・オーバックが口頭で映画『スモークスタック・ライトニング:ザ・レジェンダリー・ハウリン・ウルフ』の監督とエグゼクティヴ・プロデューサーを務めることに同意したにもかかわらず、映画がポスト・プロダクションの段階に入った時点で「いくつかの映像素材の変更と拡大」を要求したとしている。

プロダクション会社によれば、ダン・オーバックは新たなインタヴュー、追加の許諾済み映像、新たな脚本家のほか、「新たなカメラと映像フォーマットの導入」を求めてきたという。

プロデューサーは、制作費の高騰を説明する度にプロジェクトを降りると脅されたと主張していると、「ピッチフォーク」は報じている。「スモークスタック・ライトニング」は、彼の要求に応えたが、それでもなおプロジェクトを降りたという。プロダクション会社は、ダン・オーバックの変更によって生じた経費を返金することを拒否していると語っている。

今回「スモークスタック・ライトニング」はダン・オーバックを、口頭での合意の不履行、信頼と公平な取引に基づいた合意の不履行、不当なビジネスの実践、過失による不実表示で訴えている。プロダクション会社側は補償として10万ドル(約1000万円)を求めている。

『スモークスタック・ライトニング:ザ・レジェンダリー・ハウリン・ウルフ』には、ダン・オーバックの他に、ジミー・ペイジ、バディー・ガイ、ビル・ワイマンなどを含む著名なミュージシャンが出演予定となっている。

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ