GETTY

Photo: GETTY

ジャスティン・ビーバーが新しい恋人への中傷を送ってくるファンに反撃したのを受けて、セレーナ・ゴメスとジャスティン・ビーバーがオンライン上で激しいやりとりを交わしている。

ジャスティン・ビーバーとセレーナ・ゴメスは2010年から2013年まで交際していた。ジャスティン・ビーバーは現在、ライオネル・リッチーの17歳の娘であるソフィア・リッチーと交際していると報じられている。

ソフィア・リッチーとのセルフィをインスタグラムに投稿した後、ジャスティン・ビーバーはファンに対して、罵りのメッセージをやめなければ、アカウントを非公開にすると迫っている。

「罵りをやめないんだったら、インスタグラムを非公開にするよ。もう手がつけられないからね」と彼は綴っている。「本当のファンなら、僕の好きな人にも意地悪はしないはずだよ」

セレーナ・ゴメスはこのやりとりを見て、ジャスティン・ビーバーのインスタグラムに次のようなコメントを付けている。「罵りが手に負えないなら、彼女の写真を上げるのをやめればいいのにww。二人だけの特別なことなんでしょ。ファンに怒るのは止めて。誰よりも前から、みんなはあなたを愛し、サポートしているのよ」

ジャスティン・ビーバーはすぐに次のようにやり返している。「注目を集めるために僕を利用した人がこんな風に非難してくるのを見るのは笑えるね。悲しいよ。すべての愛を」

セレーナ・ゴメスとジャスティン・ビーバーのやりとりはこちらから。

ジャスティン・ビーバーはここのところファンへの対応で世間を賑わせており、ライヴでファンからの「くだらない」プレゼントはいらないと口にしたり、ハグをしようとしたファンを拒絶している。また、「気が滅入る」としてミート&グリートの開催も中止している。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ