PRESS

Photo: PRESS

プロフェッツ・オブ・レイジはカリフォルニア州ノーコーにある州刑務所でパフォーマンスすることを禁じられている。

レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン、パブリック・エナミー、サイプレス・ヒルのメンバーからなるプロフェッツ・オブ・レイジは、800人の囚人に対してコンサートを行う予定となっていた。

CBSロサンゼルスによれば、「公演の直前でカリフォルニア州矯正局が発した令によって」刑務所を訪れることを禁じられたという。

「サクラメントはノーコーの刑務所内でパフォーマンスを行うことを禁じたんだ。俺たちは囚人への約束を守って、刑務所のすぐ側の屋外でパフォーマンスを行ったよ」

トム・モレロは次のように説明している。「サクラメントの右翼の連中が、俺たちが反乱を煽ると電話したみたいで、直前で禁止されたんだ。俺たちがやろうとしていたのは行って、素晴らしいライヴをやることだったんだけどね」

彼はこう続けている。「俺たちは序列でも最下層の人々のために演奏しようとしたんだ。底辺層の、自分たちを代表してくれる大統領候補のいない人々たちのためにね」

刑務所に楽器やコンサートを提供するジェイル・ギター・ドアーズの共同設立者であるMC5のギタリスト、ウェイン・クレイマーは次のように語っている。「自分たちが悪い人々だと考える人々のために素晴らしいことが起こるのを見たくなかったんだよ。本当のことを言えば、彼らもただの人間なのにね」

当日の模様は以下の動画で観ることができる。トム・モレロは「有刺鉄線は音楽を追い出すことなんてできない。有刺鉄線はメッセージを排除することなんてできないんだ」と語っている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ