GETTY

Photo: GETTY

ア・トライブ・コールド・クエストのファイフ・ドーグが亡くなったと報じられている。享年45歳だった。

ヒップホップの先駆的グループだったア・トライブ・コールド・クエストの結成メンバーであるファイフ・ドーグは1990年に糖尿病と診断されており、長年闘病生活を送ってきた。

ファイフ・ドーグは1985年にアリ・シャヒード、 Qティップと共にア・トライブ・コールド・クエストを結成している。ア・トライブ・コールド・クエストは『ロウ・エンド・セオリー』や『ビーツ、ライムズ・アンド・ライフ』といったアルバムをリリースしている。

ファイフ・ドーグは短期間ソロ活動も行っており、唯一のソロ・アルバム『Ventilation: Da LP』を2000年にリリースしている。

訃報についてプロデューサーのスタティック・セレクターがそれを認め、パブリック・エナミーのチャックDやフライング・ロータス、ラン・ザ・ジュエルズのエル・Pといったヒップホップ界の多くの人物がソーシャル・メディアで哀悼の意を表明している。

「確認したよ。安らかに、ファイフ。じゃあな」

「とてつもないファイフ・ドーグよ、安らかに」

「ファイフ!」

「ファイフはヒップホップ&ラップにおける言葉の戦士であり、それに尽きるよ。息を吸うが如く競技のようにライムを並べてみせた。本物の素晴らしい、社会の語り手だったんだよ、兄弟。ア・トライブ・コールド・クエストよ、永遠に」

「ファイフ・ドーグはこれまで最も愛されたヒップホップを作ってきた人だった。彼が亡くなって本当に悲しい。ずっと再結成のライヴはすべて行ってたんだ」

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ