Photo: GETTY

ロビー・ウィリアムスは週末に行われたハイド・パーク公演でノエル・ギャラガーとの確執を再燃させるような演出を行っている。

ロビー・ウィリアムスは毎年恒例となっているブリティッシュ・サマー・タイムの一環で現地時間7月6日にロンドンのハイド・パークで公演を行っている。

ライヴでは冒頭、ロビー・ウィリアムスが楽屋からステージへと向かう様子が生中継されたが、途中でノエル・ギャラガーのパネルが登場して、背の低さを示唆するような演出が採用されている。この日の公演ではオアシスの“Don’t Look Back in Anger”のカヴァーも披露されている。

観客が撮影した冒頭の映像はこちらから。

https://x.com/tsince1990/status/1810012960842039574

ロビー・ウィリアムスについてノエル・ギャラガーは2000年のブリット・アウォーズ授賞式で「テイク・ザットの太ったダンサー」と評しており、その後は長年にわたって反目を続けていると報じられてきた。

2022年、ロビー・ウィリアムスは『NME』でノエル・ギャラガーについて「素晴らしいコメディ作家」と評している。

「いろんな人といろんなやりとりがあったけどさ。それを言われて傷ついたというよりは、それが定着してしまったことにムカついているんだ。でも、ノエルはこの手のことが本当にうまいよね。彼は突き刺さるすごい発言をしてきたからね」

「彼にはつまらないことを掻き分けて、残るような発言をする頭があるんだよ」

ロビー・ウィリアムスは続けて最近のポップ・カルチャーでは繊細でやさしい発言が望まれているのに対して、90年代から2000年代初頭にはポップ・スター同士の言い合いがあって「楽しい時代を生きていた」と語っている。

「記事の見出しになるために、威勢のいい物議を醸す発言をしていた。御存知の通り、あれはレスリングみたいなものだったけど、俺は大好きだったんだよね」

「当時の音楽業界の面白い側面だったと思うよ。悪意を露骨に出して、自分の意見を堂々と言っていた。まずかろうが、何だろうがね。今やっていることや許されていることよりも面白かったし、ああいった日々が恋しくなるんだ」

「それはたとえ自分に向けられたものであってもね。今はそういうのは無理だろ。残念だよね」

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ